社会人で働く傍ら、ハンドメイドでアクセサリー作り。コンタクト購入時の時間を削減したい。

株式会社シンシアでは、新商品「ワンデーアイウェル」をドラッグストアで購入した人に対して、これまで使っているコンタクトレンズとの違いや、ドラッグストアでコンタクトレンズを購入した体験談、付け心地の感想、要望を調査しました。
今後のコンタクトレンズ購入にお役立ていただけますと幸いです。

調査データ
GMOリサーチ「ユーザーの声」調査
調査期間:2018年2月21日~3月18日
調査エリア:宮城県内ドラッグストアにて
調査対象:20~50代の男女24名

仕事も副業もどっちも時間が大切。眼科での待ち時間は何とかならないかと思っていました。

私は32歳の社会人で一人暮らしをしています。
ハンドメイドでアクセサリーを作っている作家でもあります。

仕事の時は目が大きく見えると意欲的に見えると聞いたのでサークルレンズを使い、ハンドメイドの時は目が疲れやすいのでメガネで作業しています。

どちらの時間も大切にしたいので眼科での診察の待ち時間の長さはなんとかならないかと感じていました。普段は半年に一度、処方箋を眼科の診察後に病院に隣接しているコンタクトレンズ専門店に持って行ってサークルレンズを購入しています。その半年間は特に目に異常がなければコンタクトレンズの管理手帳を持って行けば購入できます。

ドラッグストアで購入できるワンデーアイウェルは私の悩みを解決できると思いました。

しかし、私が愛用していたレンズは普段はお店になく、取り寄せが必要なので事前に連絡しないとすぐには購入できない上、異なるコンタクトレンズが欲しい時は同じ度数でも再び眼科の受診が必要になるので不便でした。

ワンデーアイウェルはドラッグストアで購入できると知り、私の抱えた問題を全て解消できるように感じ、気になってお店に行きました。陳列場所は目薬コーナーの前で大きなPOPがあり非常にわかりやすかったです。

カードをレジに持って行き書類に記入を求められました。ほとんどの欄はすぐに記入できましたが、任意記入のかかりつけ医の欄について、半年に一度行く眼科の名前を失念したため、ネットで検索して記入しました。正直、購入しにくかったです。

ハンドメイドをするにはメガネよりも視界が広くなり、つけ心地が良かったです。

実際にレンズをつけて見るとつけ心地は悪くはなかったです。いつもはメガネでハンドメイドをしていましたが、視界が広くなり、サークルレンズよりも一箱あたりの価格は1000円ほど安いので休みの日でも気兼ねなくつけられると思いました。

しかし、作業に集中すると目の乾きは気になって目薬がすぐに必要になりました。もしワンデーアイウェルとセットで使えるオススメの目薬があれば今後もこのレンズを続けても良いかもしれません。

かれん猫さん(32歳女性 社会人/ハンドメイドアクセサリー作家)

文章についてはなるべくご本人の「生の声」を掲載するため、言い回しや体裁などに手を入れずに掲載しています。また、「ワンデーアイウェル」への要望やご意見も含めて掲載していますが、いただきました要望やご意見は社内で協議し、今後のサービス改善に役立ててまいります。

もしこの体験談に共感いただけましたら、同じ悩みをもっているお友達にもSNSでシェアいただけますと幸いです。(株式会社シンシア)